ホームデバイスのGoogle Home とAmazon echo plus を使ってみた!

おりおりー。

今回は「ホームデバイス」というものを取り上げたいなと思います!!

「Google Home」と「Amazon echo plus」の2種類をレビューように貸していただきました!

ありがとうございます!!

ということで、レビューをしていきたいなと思います。

 

まずはじめに、折原あやの家の自宅環境で試してみるということで、その環境下でどこまでできるのかを検証していきたいなと思います。

ということで、折原家の環境から

【折原家環境】

*自宅設置用Wi-Fiあり

*Googleクロームあり

*Googleアカウントあり

*Amazonプライム会員あり

*テレビ海外製品

以上が折原家の環境となっております。

この環境下でどこまでできるのか・・・いってみましょう!!

 

 

こちらが「Google Home」(箱なしですいません)と「Amazon echo plus」です。

中身を開けて並べてみた感じはこちら。

 

 

「Amazon echo plus」の方がサイズ的には大きいですし、重さもそこそこあります。。。

 

それでは、先に「Google Home」のレビューからしていきたいと思います!

 

 

構造的に「Google Home」の方はボタンが側面に一つとかなりシンプルな作りになっております。

上の画像のようにてっぺん部分が光ります。

早速繋いでみます。

電源をつなぎ、ケータイから「Google Home」のアプリをダウンロードします。

設定はこの「Google Home」アプリから設定していく形になります。

そして、自宅にあるWi-Fiをつなぎます。

手順はアプリにて説明付きで教えてくれるので難しくはありませんでした。

ほうほう・・・

ここまではあまり問題なく進めております。

 

無事につなぐことができました。

Wi-Fiにつなぐ際に少し時間がかかりますが、そこまでストレスは感じず。。。

設定完了後にどんなことができるのか教えてくれます。

「オッケー Google」もしくは「ねぇ、Google」で反応してくれるみたいですね。

iPhoneユーザー的にはSiriと似たようなことをしてくれるといった感じですね。

 

 

自分がよくSiriにお願いするような感じのことを「Google Home」はしてくれるみたいです。

これが完全ハンズフリーでできると・・・なるほど。

とりあえず、音楽を再生してもらおうと思い「ねぇ、Google ジャズをかけて」とお願いしてみたところ

「ジャズのプレイリスト」を探し再生してくれました。

 

 

【再生のやりかた】

Googleに話しかけてかけて欲しい曲、ジャンルを言えば再生してくれます。

【次の曲へのやりかた】

Googleに話しかけて次の曲を再生するように言えば再生してくれます。

【一時停止のやりかた】

本体頭部分の中心を1回タッチすると曲が止まります。

【音量を調節する】

本体頭の部分を時計回りになぞると音量が上がります。

反時計回りになぞると音量が下がります。

 

シンプルな操作方法ですね。

わかりやすいです!

他にも、「今日のニュースを教えて」というと

今日のニュースをラジオから探し出し流してくれます。

ふむふむ、結構面白く感じてきたぞ・・・

【「Google Home」の総括】

*Siriのような機能をハンズフリーで行ってくれる。

*スピーカーの音は結構良かった。

*操作が簡単

以上になります。

 

さてさて次はこちら!

 

「Amazon echo plus」というAmazonから発売されたものになります。

構造としてはこんな感じで「Google Home」より1つボタンが多いですね。

 

トップ部分の白い部分が光ります。

形もスマートで光もしっかり光があるのでデザイン的にもGoogleよりおしゃれな感じがあるかと・・・

こちらも設定は電源に繋いだのちにアプリをダウンロードして設定していく形になります。

アプリ名は「Amazon Alexa」というアプリになります。

Wi-Fi接続後にこのような設定ができます。

 

こちらの「echo plus」の 場合には

「Alexa(アレクサ)、〇〇して!」で起動するそうです。

「Amazon!」じゃないんですね。。。笑

そこは置いて置いて、

基本的には「Google Home」とほとんど一緒ですが、個人情報を入力すると

使えることが広がるようです。

例えば、郵便番号を登録するとそこの地域の天気予報を教えてくれたりします。

Amazonアカウントに登録されている方は「Amazon」のアカウントを

「Amazon Alexa」アプリから連携させると「echo plus」からAmazonの注文ができます。

他にも、約400程の会社と連携しているそうなので

例えば「全国タクシー」というところがあるのですが、そこを利用して

「echo plus」からタクシーを呼んだりすることも可能だそうです。

他にも、「JR東日本」「ANA」「JTB」「すき家」など様々な会社と連携を取ってるので

「echo plus」からは様々なことができると思います。

個人情報、クレジットカード情報登録が必要になってきますが。。。

 

ちなみに「echo plus」の場合

【音量調節方法】

トップの頭を時計回りにひねると音量が上がり、

反時計回りにひねると音量が下がります。

 

 

とうことで、、、

 

【「Google Home」と「Amazon Alexa」のまとめ】

*ホームデバイスは、「iphoneのSiri自宅バージョン」といった感じでした。

*個人的にはGoogle Homeで十分な環境でした。Amazonの方は、クレジットカード情報を入れたりできるのであればAmazonの方になっていたかと思います。

*デザインはAmazon、大きさと重さはGoogleといったところでしょうか。

*スピーカーはどちらもリビングで聞くぶんには悪くはなかったです。

*部屋の電気などがホームデバイス対応であればもっと面白く使えてたのかなぁ・・・といったのも感じました。

*リビングで音楽やラジオを聴くことが増えました。音楽配信サイトにての選曲なので自分がいつも聴く曲違うものがあるのでそれは好きでした。新しい好きな曲を見つけるきっかけになります。聞いたらその場でアーティスト名と曲名を答えてくれるのでそれをメモしてあとでダウンロードしたりしてます。

*ホームデバイスは今後自宅にホームデバイス対応のものが増えていくのであればオススメできるアイテムだなと思いました。

私の環境下で使えるものがあまりなく、ホームデバイスの本領発揮というのがない状態だったのだなと感じました。

【ホームデバイスおすすめする人】

*ホームデバイス対応の家電を持っている

*クレジットカードを持っている

*音楽・ラジオが好き

*様々なコンテンツを使っているもしくは使う予定がある

*動画はyoutubeを使用

以上の人がホームデバイスをお勧めいたします。

 

【「Google Home」か「Amazon echo plus」】

「Google Home」の場合

*Googleアカウントを持っているもしくは作る予定がある人。

*お子様がいらっしゃるご家庭

*クロームキャストを持っている方

*スピーカー音質評価 ★★★☆☆

「Amazon echo plus」の場合

*クレジットカードを登録しても良いという方

*Amazonの会員の方(特にプライム会員の方はAmazonの「プライムミュージック」があるのでお得感があります)

*fireTVまたはfireTVstickを持っている方

*よくネットショッピングをする方

*スピーカー音質評価 ★★★★☆

といったところでしょうか・・・。

これから「ホームデバイス」の購入にお悩みの方は参考にしてみてはいかがでしょうか??